日帰り体験・あそびに役立つ研究マガジン 旅ワンラボ

「ナガンヌ島」那覇から20分で行ける無人島を楽しむ極意

公開日: : 最終更新日:2017/07/24 日帰り離島ツアー

2020E3833

慶良間諸島の入り口に位置する小さな島、ナガンヌ島をご存知ですか?沖縄本島からフェリーに乗ること約20分。真っ白く長細いビーチの上に一直線に木造コテージが連なった、南国情緒あふれる島が目の前に広がります。日帰りで楽しむもよし、宿泊するもよし、ゆったりと時間の流れるナガンヌ島での過ごし方、全て教えます!

目次

  1. ナガンヌ島への行き方
  2. ナガンヌ島の楽しみ方
  3. ナガンヌ島体験レポート
  4. 島へ入る前に知っておきたい!ナガンヌ島のあれこれ

ナガンヌ島への行き方

ナガンヌ島の場所

26820001

沖縄本島から西へクルーザーで約20分、神山島(かみやましま)・クエフ島・ナガンヌ島の3島からなる「チービシ環礁」の中で一番大きな島が、ナガンヌ島です。大きいと言っても徒歩10分もあれば島内を一周できてしまうほどの小さな無人島です。

ナガンヌ島へのアクセス

那覇の泊港よりクルーザーで約20分。本数は時期によって異なりますが、すべて往復便の時間が決まっているので、往路のみ・復路のみでの購入や、便変更はできません。トップシーズン(7~9月)は増便しますが、それでも毎便満席になってしまうことが多いので、事前に予約をしていきましょう。

ナガンヌ島時刻表

ナガンヌ島の楽しみ方

マリンスポーツを楽しもう!

F-154720S47026p005-1
ダイビングの聖地と呼ばれるケラマ諸島の入り口に位置するナガンヌ島。透明度抜群の海は、島からボートで少し沖合に行っただけでも驚くほどたくさんの魚を見ることができます。また、ビーチからは定番のバナナボートやパラセーリングを楽しむこともできるので、アクティブ派の方にはマリンスポーツがおすすめ!

ポータルサイトなら、ツアーの予約もマリンスポーツの予約も楽々です♪
ナガンヌ島ツアー、マリンスポーツの予約は旅プラスワン

暑い日にはレストコテージがマスト!

DSC03460

トップシーズンはもっとも日差しの強い夏場!ビーチにはほとんど日影がないので、特にお子様連れの家族にはレストコテージがオススメ。数には限りがあるので、夏場はあらかじめ予約しておくと安心です♪
レストコテージ:¥5,000/1日(日帰りツアー滞在中)

お昼はBBQを楽しもう!

島で食事をできる唯一のダイニングテラスでは、BBQを楽しむことができます!大人数でナガンヌ島を訪れるのであれば、断然BBQがオススメです。ただし、事前予約が必要になるのでご注意。※宿泊者は夕食がBBQになります。
BBQ:牛カルビセット ¥2,500/1人
アグー豚セット ¥3,500/1人

星空の下、コテージステイ★

夕方から夜にかけて、満点の星空が広がるナガンヌ島。波の音を聴きながらゆったりと流れる時間を満喫するには宿泊プランがオススメ!昼間は海水浴客で賑わうビーチも、夜は全く別の顔を見せます。日帰りでは味わえないナガンヌ島を堪能しましょう!
宿泊:4~6月¥9,600/1人
7~9月¥11,600/1人

コテージ外観

コテージ外観

コテージ内装

コテージ内装

ナガンヌ島体験レポート

ナガンヌ島で過ごす1日はこんな感じ!実際の1日の流れをご紹介します!

AM8:30 泊港から出発!

DSC03370

泊港(とまりこう)は那覇空港から車で約20分の港です。今回は1便目8:30の便の船でナガンヌ島へ出発!

AM8:50 ナガンヌ島に到着!

DSC03384
船に乗り込むこと約20分…だんだんと島が近づいてきました!この日はお天気にも恵まれ、真っ白な砂浜と真っ青な海がとても綺麗!!
DSC03394

桟橋を渡って、あっという間に島に到着です♪

AM9:00 マリンスポーツ体験

DSC03424

まずはこちらのマリンカウンターで手続きを行います!もちろん当日予約もOK♪海水浴だけという方も、ライフジャケット・シュノーケルマスク・フィンの3点レンタルがあります。

ナガンヌ島 マリンスポーツ

今回は数あるマリンスポーツの中から、ドラゴンボート・ボートシュノーケリング・オーシャンパークを体験しました♪特におすすめはボートシュノーケリング!水の透明度が高いので、水面から見てるだけとは思えないほど魚やサンゴをくっきりと見ることができます!「ニモ」で有名なクマノミも見えましたよ♪

PM12:00 ランチタイム♪

DSC03393

島で唯一のダイニングテラスで休憩&ランチタイム♪定番の沖縄そばや焼きそばはもちろん、那覇のホテルのシェフが考案した多彩なメニューがそろっているので、普通の海の家とは一味違う食事が楽しめます!

PM1:00 のんびり島内散歩

DSC03442

ビーチをのんびり散歩していると、マリンスタッフの方に「こっちおいで~!」と声をかけられ行ってみると…指をさしたその先に…なんとカクレクマノミ!膝下ほどの水深しかない浅瀬でまさか見れるとは思っていなかったので感動です☆

DSC03448
ナガンヌ島はとっても小さい島なので、徒歩で島を一周することができます。テラスのすぐに小さな丘があったので登ってみると、360度海に囲まれている島をぐるっと見渡すことができます!

PM2:00 あっという間に帰路へ…

楽しい時間はあっという間。名残惜しいですが、5時間でたっぷりナガンヌ島を満喫することができました♪
小さな島なので、日帰りでも十分満喫でき、那覇からのアクセスも便利なのでリピーターのお客さんがたくさんいるとか。芸能人がお忍びで来ることも・・・
この記事を読んだあなたもこの夏、是非一度足を運んでみてはいかがでしょうか!

島へ入る前に知っておきたい!ナガンヌ島のあれこれ

注意事項

ナガンヌ島へ入る際には、「環境協力税」が必要になります。ツアー代金とは別に100円の税金がかかりますので覚えておきましょう。
また、ナガンヌ島には飲食物の持ち込みは禁止されています。お昼ごはんやお水などはすべて現地手配となりますので要注意!

ご飯の料金相場

食べ物の持ち込みが禁止されているナガンヌ島。そこで気になるのがご飯のお値段。一部料金をご案内しますので参考にしてみてください。
・パニーノ(イタリアンサンドイッチ)・・・400円
・カレー各種・・・700円~900円
・沖縄そば/焼きそば・・・700円
・ミネラルウォーター(ペットボトル)・・・100円
・コーラ(350ml缶)・・・200円
・缶ビール/缶チューハイ・・・400円

島内設備

島にはトイレ・更衣室・シャワーがすべて無料で完備されているので、着替えなどの心配はいりません。
休憩所などはないので、パラソルをレンタルするなど、休憩する場所を確保しておくことをオススメします。

ナガンヌ島の美しさを動画でも見てみよう!

ナガンヌ島プランはこちらから予約できます

このテーマについて語ろう!

エリアから探す地域都道府県から検索

PAGE TOP ↑