日帰り体験・あそびに役立つ研究マガジン 旅ワンラボ

【体験レポート】古都・奈良 1番人気のバスツアー!

公開日: : 最終更新日:2015/12/10 乗り物で楽しむ, 体験レポート , ,

今回は、旅プラスワンで今年の9月から販売開始した【奈良交通】の日帰りバスツアーを体験!
中でもダントツ1番人気の【世界遺産(C)法隆寺・西ノ京】というコースで、奈良の観光名所をぐるっと巡って来ました。

☆このコースの見どころ:
法隆寺 / 中宮寺 / 慈光院 / 薬師寺 / 唐招提寺

当日のスケジュール

9:45 近鉄奈良駅 定期観光バス案内所にて受付!

奈良交通のバスツアーの乗車地は【JR奈良駅】【近鉄奈良駅】の二か所。
この二つの駅、一口に「奈良駅」と言ってもなんと1キロほど離れているんです!
お泊りのホテルや交通手段に合わせて、【JR】【近鉄】のどちらから乗車するか、事前に必ず確認をしましょう。

今回、旅ワンスタッフは【近鉄奈良駅】から乗車しました!

IMG_0013

近鉄奈良駅のバス案内所は、近鉄奈良の駅ビルを出て道路の反対側にある「奈良ラインハウス」という建物の1階にあります。

IMG_0016

こちらの案内所では高速バスなどのチケットも販売していますが、定期観光バスの受付は③④番窓口にて行っています!

IMG_0023

まず窓口で予約番号などをスタッフさんに伝えると、、、

・座席指定券
・バスツアー参加者用タグ
・マップ
・乗車記念品のお茶      がもらえます!

FullSizeRender

集合時間は20分前までですよ^^
受付が済んだら待合スペースで待機。案内所の奥にはお手洗いもありますので、きちんと済ませて出発に備えておきましょう。壁には奈良各地の素敵な写真が飾られていました。期待が高まります!

ちなみに・・・

―JR奈良駅のりば―

IMG_0011

JR奈良駅の窓口はJRの改札を出てすぐ左手にあります。

IMG_0003
IMG_0002

一旦こちらで受付をして、【東口】にあるバスロータリーの4番のりばが定期観光バスのりばです。

IMG_0010

10:00 いざ出発!

【JR奈良駅】9:55発

【近鉄奈良駅】10:00発

IMG_0177
バスがのりばに到着し、乗客が次々乗り込んでいきます。
スーツケースなど大きな荷物はバスのトランクに預けておくことも可能です。

奈良といえば鹿!ということで、座席にも鹿のマークが。

IMG_0032

最初の目的地・法隆寺までは約1時間のバスの旅です。
道中は常にバスガイドさんが奈良の自然や歴史などについて興味深いお話をしてくれていました。

出発したバスはまず奈良公園を通り抜けていきます。
車窓には有名な奈良公園の鹿たちや、67回目正倉院展(10月24日~11月9日)が開催されている奈良国立博物館を見ることができます!
奈良公園周辺ではナンキンハゼの紅葉が始まっており、秋を感じさせる景色が広がっていました。

IMG_0039

また、山焼きで知られる若草山の姿も望むことができます。
この日は本当に恵まれたお天気だったので、どこへ行ってもきれいな景色を見ることができました♪

IMG_0040

法隆寺


ガイドさんのお話を聞きながらバスに揺られているとあっという間に奈良県・斑鳩町にある法隆寺へ到着です!

IMG_0042

法隆寺は、兵庫県の姫路城とともに日本最初のユネスコ世界文化遺産に登録されたお寺で、
現存する世界最古の木造建築と言われています。
聖徳太子が活躍した飛鳥時代に建立され、1300年以上経った現在でもその歴史を伝えています。

バスを降りると、ガイドさんの先導で法隆寺の敷地内を巡っていきます。

【南大門】

法隆寺の正門にあたるところ
IMG_0045
IMG_0051

【中門】

IMG_0058
中門を支えるエンタシスの柱20本中2本は明治に取り換えられたものですが、驚くことに残りの18本は1300年の歴史を持っているそうです!悪くなった部分のみつぎはぎをして保存しているそうです。

IMG_0069

【金堂】

法隆寺の本堂。
中には釈迦三尊像が鎮座しています。壁画は昭和期に焼失した後に復元されたものだそう。
学生時代に教科書で見たもので溢れています!

【五重塔】

IMG_0075
※金堂(手前)と五重塔(奥)

【大講堂】

一番奥にある大きな建物。

大講堂は、金堂や五重塔と違って平安時代につくられたそうです。本尊には薬師三尊像が安置されています。
柱の形状、仏像の製法・形状が金堂や五重塔に見られる飛鳥様式と全く異なっていました!
時代によってこんなにも違うのかと、驚きです!

IMG_0080

【大宝蔵院】

百済観音をはじめ、玉虫厨子や、あらゆる時代にあらゆる技法で作られた仏像・宝物などが展示されています。
法隆寺が日本史上どれだけ重要な寺院であるかがとてもよくわかる展示です。

宝物殿の中では20分ほど自由散策時間。
参加者の皆さん思い思いに展示を鑑賞していました!

その後、再度集合して法隆寺・東院伽藍へ!

IMG_0092

【夢殿】

IMG_0101
聖徳太子の死後、一族を偲ぶために、彼の住居であった斑鳩宮の跡地に建てられた八角屋根の建物。
中に設置されている救世観音は、明治時代にフェロノサが開扉するまで絶対秘仏であったため、1300年前の仏像にもかかわらず金箔がとても綺麗に保存されていました。
今年の秋の御開帳は10/22~11/22だそうで、ちょうどお目にかかることができました!

<ちなみに・・・>

法隆寺といえば、
正岡子規が詠んだ 「柿食へば 鐘が鳴るなり 法隆寺」 という句が有名ですよね?
私がツアーに参加したのは10月26日でしたが、実は120年前のちょうどこの日に正岡子規が法隆寺を訪れたそうです!

IMG_0089

子規が聞いたという法隆寺の鐘もばっちり聞くことができました♪

法隆寺の滞在時間は約1時間半!
広大な敷地内を徒歩で歩き回って、すでに少ししんどいです・・・
ですが、改めて法隆寺の歴史的価値の高さや、文化財保存のための伝統的取組みなど
生で感じることができました!やっぱり世界遺産はすごい!

中宮寺


夢殿がある法隆寺・東院伽藍を出るとすぐに中宮寺が隣接しています。

IMG_0105
IMG_0108

中宮寺はもともと聖徳太子が母である穴穂部間人皇女のために創建したと言われている、門跡尼寺です。
ここでは本堂の中に上がり、中宮寺の歴史や、俗に「中宮寺の弥勒菩薩」と呼ばれる、本尊の如意輪観音・国宝の天寿国繍帳などについてのCD解説を聞きました。
既にたくさん歩いて少し足が疲れていたので、良い足休めにもなりますね!

昼食

法隆寺・中宮寺の散策を終えたら少し遅めの昼食タイムです。
法隆寺南大門のすぐ近くにある「冨之里」さん2階で頂きます。
IMG_0118

希望者は出発前に窓口で御膳の予約をします。(別途1,000円)内容は以下の通り↓↓↓

IMG_0026
IMG_0121
もちろん現地で自由食を注文する形でも結構です!

途中で、レストランスタッフさんがこの店一押しのゆず巻き柿と奈良漬の味見を持ってきてくれます。
1階は売店になっているので、食事が終わった方はお土産を見ることができます。

慈光院


食事を終えたら大和郡山市にある慈光院へ向かいます。

慈光院は徳川4代将軍家綱の茶道の指南役であった茶人片桐石州によって開かれたお寺で、お寺全体が参拝者のおもてなしのためにデザインされています。

IMG_0138
IMG_0139

こちらの茶室で、ご住職の説法を聞きながら抹茶とお干菓子を頂きます。

IMG_0168
IMG_0146

慈光院は奈良盆地の景色がよく見渡せるところに建っていて、天気も相まってとても気持ちのいい眺めでした。
庭園も、あらゆる種類の木を寄せ植えしてつくられているので、年中いつでもその美しさを楽しむことができるそうです。

とても心が落ち着く、そんな空間でした!

薬師寺


昼食でお腹いっぱいになり、慈光院で心癒されたあとはつい眠気が・・・
ですが、寝ている間もなく次のポイント薬師寺に到着です!

薬師寺といえば、飛鳥時代の後、藤原京が都となった時代を代表する寺院です。
建築・仏像などあらゆる部分に天武天皇の時代の白鳳文化が色濃く反映されています。

IMG_0193

【薬師寺東塔】

薬師寺内の建造物の多くは以前焼失して再建されたものですが、そびえ立つ二つの搭のうち東塔が唯一
奈良時代にさかのぼる建造物だそうです。
そんな国宝・東塔は現在、文化財の保護のための解体工事の真っ只中です。
巨大なカバーに覆われていてその姿を見ることはできませんでした。工事は2019年春ごろ終わる予定とのこと・・・残念!

IMG_0191

【本堂・西塔・大講堂】

本堂と西塔をはじめとする建築物は、昭和期から順次再建事業が進められて今の姿になったそうです。
その赤と青(緑)の彩色は、平城京時代の建築物を色を再現したもので、
生で見ると本当に目に鮮やかで眩しいくらいでした!

金堂内に安置されている薬師三尊像は、この時代の仏像の中でも最高傑作のひとつとして数えられているそうです。
とてもご利益がありそうなので、私も健康をお願いしておきました。

IMG_0194
IMG_0196

【玄奘三蔵院】

薬師寺の伽藍をさらに奥まで進むと、玄奘三蔵院があります。
この中には日本画家平山郁夫さんの書いた「大唐西域壁画」が展示されていました。
そのスケールは圧巻です!

薬師寺の散策は全部で約1時間でした。
バス降車は薬師寺の駐車場でしたが、散策後の集合は近鉄西ノ京駅近くの駐車場なので注意!

唐招提寺


唐招提寺は薬師寺のすぐ近くにあります。
いよいよこのバスツアーも最後の目的地です。

IMG_0221

唐招提寺は、奈良時代に鑑真によって建てられたお寺です。
その趣は派手な色彩の薬師寺とは全く異なり、とてもシックで落ち着いた印象を受けます。

唐招提寺

夕暮れ時で閉門間近ということもあり、境内には人はまばら。
ゆっくりじっくり見て回ることができました。
中でも、境内奥の御影堂での鑑真和上の身代わり像の展示は興味深かったです。
これも学生時代何度も教科書で見た姿でした!

バスに戻る前に、駐車場の脇にあるお土産屋さんを少し物色。
お菓子から雑貨などまで、多様なお土産ものが売られていました。お店の店頭には彼が…!

IMG_0239

外国のお客様も多いようで、免税対応・カード対応とのことでした。

17:00 近鉄奈良駅到着

そしてついにツアーは終着地点の奈良駅へ帰ります。
終了時間は道路状況によりますがだいたい17:00時とのこと。
まずJR奈良駅へ、その後近鉄奈良駅へお客様をお送りして、解散です!

帰りの際はバスガイドさんがお客様それぞれに目的地までの帰り方をアドバイスしていて、丁寧な対応に感激しました。

そしてた~~~くさん歩いたこの日の歩数は…
…なんと15000歩
参加される方はバスツアーだからと侮らずに、必ず歩きやすい靴で参加しましょう!

一日で古都奈良の代表的な名所を回ることができ、
日本史に関する知識・奈良に関する知識もたくさん得ることができる
魅力的な奈良交通のバスツアー、是非参加してみてくださいね♪

ツアー詳細・催行会社情報

集合場所

◆近鉄奈良駅

◆JR奈良駅

ツアー詳細

催行会社 奈良交通株式会社
料金 大人 7,000円
小児 3,360円
集合場所 JR奈良駅/近鉄奈良駅 定期観光バス乗り場
乗車時間 JR奈良駅 9:55発
近鉄奈良駅 10:00発

※体験は2015年10月となります。
予約詳細へ

このテーマについて語ろう!

エリアから体験ツアーを探す地域都道府県から検索

PAGE TOP ↑