日帰り体験・あそびに役立つ研究マガジン 旅ワンラボ

【体験レポート】保津川下りとトロッコ列車&馬車の旅

公開日: : 最終更新日:2017/03/30 乗り物で楽しむ, 体験レポート, 川・湖で遊ぶ

今回は京都で有名な保津川下りを体験してきました!乗船場まで行く手段で有名なのは「トロッコ列車」。でもトロッコ列車の駅と乗船場の間の移動には、なんと馬車も!

ということで、贅沢にも「トロッコ列車」→「馬車」→「保津川下り」と非日常3連発で体験してきました!

このコースのおすすめポイント!

  1. トロッコ列車から見る保津川や山々の自然はとっても気持ちがよくて、四季折々の景色をのんびりと楽しめるだけでなく、途中写真スポットでは列車を止めてくれることも!
  2. 馬車では色々な説明を聞きながら、お馬さんの足音に癒されながら心地よい風を受けつつ川下りの乗船場へ。別途料金でえさやりもできる!
  3. 約一時間半の川下りは思わず舟の上で深呼吸をしたくなるほどの雄大な自然の中でマイナスイオン浴びっぱなし!桜や紅葉のだけでなく新緑の季節もおすすめ!

 

 

当日のスケジュール

 

京都駅からJR山陰本線で嵯峨嵐山駅へ(約16分 大人240円)。トロッコ嵯峨駅は嵯峨嵐山駅を出てすぐのところにあります。

※トロッコ列車は水曜定休です。

9:07~16:07まで毎時07分発で一時間に一本「トロッコ嵯峨」→「トロッコ亀岡」へ運行しています。

トロッコ嵯峨駅

 

中に入ると、受付や展示物があり、入って右奥が改札になります。

ここで多くの人が並んでいると、ついつい後ろに並びたくなりますが、これは5号車の人の列で、5号車以外の人は狭いホームに並ぶことになるので、迷わず改札へGO!

トロッコ嵯峨駅内

今回スタッフは一番奥の1号車。

 

待っているとホームにアナウンスが・・・いよいよトロッコ列車が到着!

 

席は4人掛けのボックス席になっていて、AとD席が窓側になります。ベストはD席!

なぜならA席は窓側ですが、進行方向に背中を向けることになるので・・・右側も左側も色々な景色が見られます!左側は前半はあまり楽しめないかもしれないけれど、後半は写真スポット満載です!

 


車内で記念撮影もあります。もらうには別途1,000円が必要。一人スーツ姿で撮ったスタッフはもちろん購入しませんでしたw

 

進んでいくとすぐにトンネルに入り、中になんと駅が!?トンネル内はひんやりしていて気持ちよかったです。

 

IMG_0003
IMG_0002

車内アナウンスを聞きつつ、写真を撮りつつ進むと、あっという間に終点のトロッコ亀岡駅。駅のホームや改札の外は狭いので、できるだけ止まらずに流れに合わせて外へ出ましょう。一応トロッコ亀岡駅にお土産屋があるので、買いたい人は要チェック!左右どちらの会談へ進んでも同じ方向へ出ます。

 

外へ出て、駅に沿って右へ進むとすぐにお馬さんたちが餌を食べながら休んでいます。
馬車馬
すぐ脇にある受付でチケットを購入。川下りの乗り場まで行かずに中間地点で折り返して戻ってくる周遊コースと乗船場まで行くコースの二つから選べます。

IMG_0003
IMG_0002

今回は乗船場へ!定員数が16名なので、絶対乗りたい!という人は事前予約を。http://www.kyobasha.jp/かわいい?おしりを見ながら乗船場を目指して出発!なんとたまたま一人で乗車だったので、貸切状態に。お兄さんにいろいろ話を聞けたし質問もできたのでラッキー! 

今回は「くろちゃん」メスの9歳でした。北海道から京都へ来て、馬車を引いているんだそうで、以前はそりを引くレースを行っていた馬とのこと。実はこのくろちゃん、なんと体重は1トン近くあるそうで、馬車を引きながら走るときは時速10数キロで走るそう。
くろちゃん
大半はのんびり歩いたり、止まったり。お兄さん曰く、気が乗らないのだそうw

 

馬車は満員になると1.5トンほどになるけれど、クロちゃんは平気で引けるほどのパワーで。実はくろちゃんはバイクと同じ軽車両扱い。なので、手綱を引いて一緒に歩いているときは歩道も歩ける!

 

40分ほどで乗船場に到着。降りてからありがとうと感謝を伝えると、Uターンして足早に帰っていきました。ここでもお兄さん曰く、帰るとご飯があるから自ら進んで歩くとのこと。
去る馬車

道路を渡ると乗船場。外にある階段を上がると受付があります。
保津川下り入口

中では受付やトイレ以外に軽食を販売している小さな売店も。椅子が置いてあって座って待っていられるけれど、出船前になると込み合うので詰めて座りましょう。

 

受付でチケットを購入すると番号が書いてあるので、その番号が呼ばれたら外へ出て舟に乗ります。聞きそびれないようにしましょう!時期によっては修学旅行生や団体が多くなり、舟も増えますが希望時間で乗れない可能性が無くもないので、できるなら事前予約がオススメ!

 

保津川下り

http://www.hozugawakudari.jp/

 

 

馬車は乗れないけれど、京都駅からバスとトロッコ列車付きの保津川下りでとっても便利!
ご予約は下記URLから。

 

トロッコ列車と保津川下り~天龍寺と嵐山散策~バスツアー

http://www.tabione.com/course_input/?company=154754&shop=keihan&plan=0015&crse=0001

 

 

※当日天気が良くても水位や流れの強さによっては、急遽キャンセルになる場合があり、川下りの時間も時期や推移によって1時間半~2時間と変動するので、事前の確認やスケジュールは注意しておきましょう。

 

全長は約16キロ、約130人の船頭さんが川下りの舵取りをしていて、19歳~75歳まで幅広い年齢層の船頭さんたちが日々安全に人々を運んでおり、400年以上続く歴史ある川下りなのです。

 

舟はチケット購入時に席が決まってしまうので、運次第ですが、前になった人はいい景色と引き換えに多少濡れることを覚悟しましょう。

※船の脇には水除けがついており、水流が激しくない限りは前の席の人でもほぼ濡れません。

多少乗り込む際に段差があるので、小さいお子さんや足の悪い方と一緒の場合は注意が必要。ドキドキしながら足を伸ばして乗り込みました!思ってたほど揺れなかったので(というかほぼ揺れなかった)、安全に乗り込めました。
保津川下り船着き場
乗船中は必ず緊急時に浮きになるベルトを腰に巻きます。

 

今回はベテランのおじいちゃんとナイスなお兄さん?とそして最年少19歳の船頭さん!
船頭さん
基本一艘に3名の船頭さんが乗り込み、役割を交代しながら、ユニークな解説を交えて自然や保津川下りの歴史に始まり、ニッチな情報まで乗り込んだ人々を飽きさせないトークで楽しみながら、またゆったりと自然を全身に感じながら嵐山まで流れていきます。

 

途中お地蔵さんがいました。この川下りの守り神だそうです。

IMG_0003
IMG_0002

 

殿の漁場。
殿の猟場
イノシシ岩。ちょっと遠めだけど、イノシシに見える?
イノシシ岩
落差2メートル近くあるところは水流が激しくない時でもそれなりにスピードが出るので盛り上がりましたが、より興奮を求める人は保津川でラフティングに参加しましょう。

IMG_0003
IMG_0002

 

【保津川ラフティング】

http://www.tabione.com/hozugawa_rafting/

 

 

面白かったのが、長年続く川下りで周りの岩も削られ、船頭さんが使う長い竹を押し当てるところが穴になっていた。ぴったりさせるかどうかが腕の見せ所!

最年少船頭さん、上手くさせるかドキドキ…結果は動画で。

 


コース中には大きな鉄橋が五つ。一つ一つに趣があり、近くなると皆一斉にカメラやスマホを構えて写真撮影。

IMG_0003
IMG_0002

 

途中アオサギや川鵜、運が良ければ今回のように鹿をみることもできるかも!?スタッフは一頭の小鹿に遭遇。こちらには目もくれず、ひたすら草を食べてました。

遠目に見てもとってもかわいくて、あまりの可愛さに誰も船頭さんの話を聞いてない。遠くて写真に撮れなかったのは残念。

 

 

 

船頭さんは体力勝負。特に夏は川面の照り返しもあって、軽く40度を超えるのだそう。皆さんも夏に乗船するときは気を付けて!特に帽子は必須!日焼け止めもしっかり塗っておきましょう。

 

紅葉の時期は最終便の時間になるとライトアップされて非常にきれいな紅葉を川からみられるので特にオススメとのこと!紅葉の時期は最終便!!
IMG_3598

 

途中トロッコ列車を川から見ることができます。
トロッコ列車

 

残り数十分くらいになると、向かい側から小舟が。いか焼き?みたらし団子?おでん?

なんと売店船(モーター付き)!横付けして食べ物や飲み物を販売してくれる。しかも高くはない。
売店舟
こんな体験は滅多にできないと思い(本当は匂いにやられ)いか焼きを購入。
売店舟2
領収書は出ないのでご注意を。

味は…美味い!香ばしい香りと柔らかい歯ごたえが抜群!またこういったシチュエーションで食べるとよりおいしく感じる!前列に座ってた方たちはおでんを購入!味の感想は聞けなかったので、参加される方は是非トライしてみてください!
いか焼き
しかもそのままさようならかと思いきや、舟の後ろに売店船が付き、後ろから押してくれているじゃないですか!食べるのに夢中で気が付かなかった。嵐山のすぐ手前まで押してくれて、そこで売店船とはお別れ。

 

楽しかった保津川下りもあっという間に下船場へ到着。目の前は開け、遠目には渡月橋が。嵐山のメインスポットである渡月橋や食事処などはもう目と鼻の先。時間があるならこのまま観光していくのがベスト!
IMG_3676

今回は5月の晴れたいい天気で、新緑の山間を抜けていく川下り。道中何度も深呼吸してしまうほど気持ちがよく、とてもリフレッシュできました!

みんなでワイワイ楽しむのもよし、静かにのんびり自然を満喫するもよし、川から見る雄大な自然を写真に収めるのもよし。色々な楽しみ方ができるのも保津川下りの魅力だと気付かされました。

 

個人的には紅葉の季節にもう一度来てみたいですね。ちなみに冬はお座敷暖房船から見る雪の峡谷。これまた趣のある景色と川下りになりそうですね。

※冬の時期は馬車はお休みなのでご注意を。

 

船頭さんたちありがとう!19歳最年少の未来に幸多かれ!

体験内容 トロッコ列車
料金 大人:¥620 小人:¥310
購入場所場所 JR西日本の主な駅の『みどりの窓口』にて購入可能
発車時刻(トロッコ嵯峨駅) 09:07 / 10:07 / 11:07 / 12:07 / 13:07 / 14:07 / 15:07 / 16:07

 
 

体験内容 京馬車
料金 保津川乗船場行き 大人:¥1,000 小人:¥500
購入場所場所 トロッコ亀岡駅外、京馬車受付窓口にて購入可能
発車時刻(トロッコ亀岡) 9:45/10:45/11:45/12:45/13:45/14:45/15:45

 
 

体験内容 保津川下り
料金 保津川乗船場行き 大人:¥4,100 小人:¥2,700
購入場所場所 現地受付窓口にて購入可能(10名以上は事前予約可)
発車時刻(月~金)※土・日・祝(不定期運航) 9:00 / 10:00 / 11:00 / 12:00 / 13:00 / 14:00 / 15:30
発車時刻(12月~3月) 10:00 / 11:30 / 13:00 / 14:30

このテーマについて語ろう!

エリアから探す地域都道府県から検索

PAGE TOP ↑