日帰り体験・あそびに役立つ研究マガジン 旅ワンラボ

昔ながらの沖縄の原風景が残る竹富島観光を120%楽しむ方法

公開日: : 最終更新日:2017/03/28 日帰り離島ツアー

竹富島
石垣島から高速船で10分でアクセスが楽々な、竹富島。行ってみたいけど主要な観光スポットは?観光するには何時間必要?といった疑問はもちろん、お得に観光するオプショナツルアーの徹底比較・竹富島に行くための基本情報をご案内します!

竹富島を観光しよう

所要時間

竹富島は半日で観光することができます。
石垣島に到着した日に行くのもお勧めですし、石垣島から帰着便が夕方便なのであれば最終日に竹富島に足を伸ばして、竹富島でゆっくり流れる時間を過ごして頂くこともおすすめです。
もちろん宿泊しなければ楽しめない夕日や星空、現地の方とのふれあいなどを目的にする方もいるかとは思いますが、石垣島を拠点にいろいろな島に足を運びたい初めて行く方はまず半日竹富島のために確保しましょう。

石垣島からのフェリーの時間と便数

竹富島は石垣島から近いことと、赤い瓦屋根とその屋根から集落を見守る個性豊かな表情のシーサーを眺めながら散策したり、三線の音色と水牛車に揺られながら沖縄の原風景を巡ったりと、ゆったりした時間を過ごすことができる島のひとつです。

高速船を運航している会社は3社ありますが、中でも安栄(あんえい)観光は最低でも1時間に1本、多い時は30分に1本程度、また石垣港発は7時台から運行しており、竹富島発は17:45発が最終となり便数の多さで選びたい方にはオススメです。
カーフェリーはドリーム観光が週に2回火・金曜日運航、1日1便運航しています。またドリーム観光は往復乗船券の購入は10円他社に比べ安くなります。

他の島々に観光に行く予定がある方はドリーム観光が販売しているフリーパスもお得です!
また石垣島からだけではなく、小浜島・西表島大原港から竹富島はアクセス可能ですが、どちらも1日1便なので注意しましょう。

フェリー会社情報

■安栄(あんえい)観光 TEL 0980-82-2691
【運賃】大人:片道 690円 往復 1,330円
【時刻表】http://aneikankou.co.jp/liner/taketomijima.html
※1日18便運航

■ドリーム観光 TEL 0980-84-3178
【運賃】大人:片道 690円 往復 1,320円
【時刻表】http://www.ishigaki-dream.co.jp/data.cgi?no=78#take
※1日9便運航
※高速船だけでなく、カーフェリーも運行しています。(毎週火・金曜日運航)
カーフェリーの運賃は大人 片道530円。片道15分となります。
お得なフリーパス】ドリーム観光が運行する航路が乗り放題!3日間で3,500円・4日間で4,000円です。

■八重山観光フェリー株式会社 TEL 0980-82-5010
【運賃】大人:片道 690円 往復 1,330円
【時刻表】http://www.yaeyama.co.jp/pg59.html
※時間によっては安栄と共同運航。往復乗船券は安栄観光のものもご利用頂けます。

観光スポット

①なごみの塔

なごみの塔
竹富島の代表的な観光スポット。
赤瓦の屋根が残る集落の様子を一望できる展望台です。
人ひとりが通るほどの幅しかないハシゴのような急こう配の階段で、展望台の2名定員です。
1名ずつしか昇ることが出来ないため、常に順番待ちの列が出来るので予定を立てる時は少し余裕を持って行きましょう。
展望台にいれる時間も限られますが、絵葉書のような風景がほんのひと時、一人占めできるスポットです。

②西桟橋

西桟橋
西桟橋は国の登録有形文化財。夕日の名所で知られています。
竹富島は、農耕地に適さないこともあり、西表島に造った水田に行くために整備された港で、1971年頃まで使用されていましたが、現在は桟橋としては使用されていません。
西に向かって桟橋が延びているので、夕方は人気スポットです。
ただし、夕日を待っていると最終便のフェリーが出発してしまうので、夕時の景色は竹富島に宿泊する方だけの特権。夕刻の時間は大変混雑するスポットです。
日中はさほど人もいないので、きれいな海の色と時に沖を通る船などを眺めながら、時間を忘れてのんびりしたい方におすすめです。

③コンドイビーチ

コンドイビーチ
コンドイビーチは八重山としても屈指のビーチ。石垣滞在の方もフェリーで10分なので石垣市内でビーチを探すより気軽に行けちゃうビーチだと思います。ただ、遠浅でほとんど波がなく、砂地が続きますので、熱帯魚やサンゴなどを目的としたシュノーケリングには不向きです。
透き通ったエメラルドグリーンの美しい沖縄の海をのんびり眺めながら過ごしたい方にお勧めです。

④カイジ浜

カイジ浜
竹富島の代表的な観光スポット。星砂の浜として有名なビーチです。
残念ながら遊泳禁止です。
星砂は有孔虫の殻が堆積したもので星のような形状をしていることから、「星砂」と呼ばれています。
星砂を持っていると幸福が訪れると言われているので、しゃがみこんで星の砂を探す観光客の姿が多く見られます。
時に星の形状と比べて中央部が球に近く、また突起の先端が丸みを帯びている「太陽の砂」と呼ばれる砂もあるので探してみて下さいね。ただ、思った以上に見つけるのが大変です…。
ザラザラしている砂場を選んで砂浜に手のひらを押し当て、薄く手のひらに並べた中から星砂を探しましょう。欲張って砂をたくさんとってしまうとなかなか見つけることができないですよ。
また、たくさん星砂が詰まったかわいい瓶を販売している売店もありますのでお土産にいかがでしょうか?

⑤喜宝院蒐集館(きほういんしゅうしゅうかん)

喜宝院蒐集館
日本最南端のお寺の喜宝院と民俗資料館の蒐集館です。
島で実際に使っていた民具や古銭などが展示されており、竹富島の歴史に触れることができるスポットです。
「竹富島の生活用具」は県内初の国有形民俗文化財に登録されました。
文字がなかった時代に、1本の太い藁に数本から十数本の細い藁の紐を結びつけ、その 藁の縒り方や先の結び方などで数を記録するために用いられていた藁算(ワラサン)という独特な民具を実際みることが出来たり、ミンサー織りの模様の由来なども学ぶことが出来ます。
<施設情報>
【営業時間】9:00-17:00
【定休日】種子取祭
【入館料】大人300円/小人150円

⑥アイヤル浜

アイヤル浜
アイヤル浜はコンドイビーチと相反する東側の海岸で、流れが速くて遊泳禁止です。
海水浴は楽しむことができませんが、訪れる人も少なく、星砂を探しながらビーチでのんびりしたり、木陰に座って海を見ているだけでも沖縄の離島気分を満喫できるスポットです。
見晴台の脇から伸びる道を進むと現れる海の青さにも感動します。

観光スポットを地図で確認しよう

竹富島をもっと楽しむには

1周9.2kmの竹富島にはタクシー、レンタカー、レンタバイクはありません。
巡回バスか、徒歩、レンタサイクルでの移動になります。
竹富港から集落までは約1km、徒歩で約20分の距離です。短時間で、時間に縛られず自分の思うままに竹富島を観光したり、ビーチまで行くことも考えるとレンタサイクルがお勧めです。

サイクリングで観光

大抵のレンタサイクルショップは集落にありますが、事前にレンタサイクルを予約していれば、竹富港までお迎えに来てくれるので集落まで車で約1分程度です。
レンタサイクルショップは島内に4店。料金は全く差がありません。
ショップによって二人乗り自転車や電動自転車を取り扱っているところもありますのでお店選びのポイントになるかもしれません。
観光後、港までのお送りも予約が必要なショップもありますので、利用時に確認しましょう。
利用を考えている方は朝一のフェリーで向かってもショップが営業していないので、フェリーの時間も考慮しましょう。
レンタサイクルの料金は1時間 300円、1日 1,500円となります。

レンタサイクルショップ情報

■友利レンタサイクル TEL  0980-85-2305
【営業時間】:08:00~17:20
【備考】電動アシストのレンタルも可能(料金別)

■丸八レンタサイクル  TEL  0980-85-2260
【営業時間】:8:00~17:30

■新田観光  TEL  0980-85-2103
【営業時間】:8:30~17:00

■竹富観光センター TEL 0980-85-2998
【営業時間】:08:30~17:30
【備考】電動アシスト・マウンテンバイクのレンタルも可能(料金別)

水牛車に乗る

サンゴを砕いた白砂を敷き詰めた小路を三線の音色と水牛車に揺られながら沖縄タイムを楽しむことが出来ます。
水牛車は予約無しで乗ることが出来ます。
始発が9:00頃、最終便が16:00頃。30毎に出発しますが日によって変わります。
■新田観光  TEL  0980-85-2103
【運賃】大人:1,200円 小人 600円
http://suigyu.net/

島内観光バス

定期観光バスと巡回バスがあります。運行会社はいずれも下記の通りです。
■竹富島交通  TEL  0980-85-2154
【竹富島交通HP】http://www.taketomijimakotsu.info/time.html

巡回バス

港から集落行きの巡回バスは港から1時間に1~2便出ています。港出発以外から乗車する場合は小型バスの運行のため電話での事前予約が必要です。また巡回型ですので逆戻りが出来ないので利用時は注意しましょう。
コース:港→まちなみ館→仲筋井戸→仲筋幸本屋→カイジ浜→コンドイビーチ→旧ビジターセンター→新田観光→港
料金:1日フリー乗降券  大人 1,030円 小人520円(小学生)
※普通旅客運賃は区間により料金が異なります。

定期観光バス

島内の観光路線コースを運転士&観光ガイドの案内で車窓からや途中下車し観光する60分間の観光バスです。こちらは事前予約が必要です。
コース:港→カイジ浜→コンドイビーチ→集落→港
料金:大人1,030円、小人520円(小学生)※幼児は大人1名に1名まで無料となります。

石垣島発の往復乗船券とのセットプランがお得?!オプション会社の徹底比較!

竹富島に行ったら水牛車に乗ったり、サイクリングで楽しもう!と思ったら前述の通り、フェリーの往復で1,320円、水牛車乗車で1,200円、レンタサイクル1日が1,500円、合計で4,020円です。
実は、各フェリー会社が販売しているセットプランを利用したらお得になりますよ。
事前にやることを決めた場合はセットプランを申し込んで旅行にってはいかがでしょうか?
また、半日で十分だと思った方には竹富島以外の島も巡る周遊プランのセットもあります。
他の効率良く巡りたい方にはオススメです。

コース名 料金(大人) コース内容 料金に含まれるもの
安栄観光・竹富島サイクリングコースプラン 2,200円 竹富島をレンタサイクルで自由にまわるコースです。 石垣からの往復乗船券+レンタサイクル(終日)
これぞ!竹富島!水牛車とサンゴ礁めぐり 4,100円 グラスボートで竹富のサンゴ礁の海を満喫した後、水牛車に揺られて集落内を散策できるコースです。 石垣からの往復乗船券+水牛車乗車+グラスボート
竹富島水牛車・バス観光コース 3,700円 みどころをバスで観光し、そのあと水牛車でのんびり集落をまわります。 石垣からの往復乗船券+水牛車乗車+島内観光バス
竹富島エンジョイ水牛車プラン 2,300円 水牛車観光後はフリータイムのコースです。出発時間の設定が多数あり便利。 石垣からの往復乗船券+水牛車乗車
竹富島をもっと深く知っちゃおう!ガイド付きコース 5,700円 竹富島をおじ~おば~とゆっくりまわるコースです。出発時間の設定が多数あり便利。 石垣からの往復乗船券+観光ガイド

竹富島の基本情報

基本情報

冬でも平均気温18度と温暖な竹富島。
集落は、サンゴの塀で整備され、ブーゲンビリアが彩を添えて神秘的な空間がひろがります。
竹富島は自転車で回れば半日もかからないような小さな島です。
人口は365人、戸数164戸(wikipedia参照、2014年10月31日現在)。
集落

赤瓦の民家について

竹富島と言えば、赤瓦の集落の風景の印象が強い島ですね。
赤瓦の民家はすべて南向きに建てられており、敷地には門や扉がなく開けっ放しで、中にマイヤシと呼ぶ目隠しがあります。
この目隠しは魔物がまっすぐ入ってくるといわれているので、風除けや魔よけになると言われています。
屋根にはそれぞれ特徴的な顔をしたシーサーが魔よけとして置かれていますが、良く見るとそれぞれの家ごとに違う場所に置かれていることに気が付きます。
赤瓦のシーサーイメージ
シーサーの位置は仏壇の位置を示しているそうで、シーサーの真下に仏壇があり、シーサーが仏壇を守っているそうです。
そんなことも豆知識として知っていれば、集落の散策に楽しみが増えますね!

このテーマについて語ろう!

エリアから体験ツアーを探す地域都道府県から検索

PAGE TOP ↑