日帰り体験・あそびに役立つ研究マガジン 旅ワンラボ

はじめての屋久島トレッキング、知っておきたい3つのこと

公開日: : 最終更新日:2017/03/29 山・高原で遊ぶ

屋久島屋久島に行くからには、「もののけ姫」の舞台となった美しい森を見てみたいですよね。でも一概に屋久島トレッキングとはいっても、代表的な「縄文杉」まで行くコースは合計22kmのハードな道のり!しっかりとした装備が必要です。ただ小さいお子さんがいたり、体力に自信の無い方でも楽しめる短めのコースや、半日で行けるコースもあります。コースのことや、装備のことなど、屋久島のトレッキングに関することをまとめました。事前にしっかり勉強して屋久島旅行に備えましょう!

1.屋久島トレッキングツアーの基本

1-1 屋久島のトレッキングは意外と大変!

屋久島トレッキング屋久島で定番のトレッキング。これを目当てに行く人も多いですよね。でも、あまりにも定番のアクティビティなので、もしかすると気軽にさくっと行ける、と考えてる人も多いのでは?でも屋久島のトレッキングはそんなに甘いものではないのです!特に一番有名な「縄文杉」に行くコースは「トロッコ道」と「登山道」を片道11km登り、ようやくたどり着きます。往復22km、約10~11時間かけて歩く、長い道のりなのです。出発も朝6時など早朝がほとんど。だからこそ、挑むならしっかりとした準備は欠かせません。また、「体力が無くそんなに歩けない・・」「小さい子供がいる」という方は他のコースもあります!自分にあったコースを選んでトレッキングを楽しみましょう♪

1-2 屋久島トレッキングコースの種類

屋久島マップ

  縄文杉 白谷雲水峡 ヤクスギランド
往復の距離 約22km 約7km(太鼓岩まで) 約0.8km~約3km
所要時間 約10~11時間 約6時間 約30分~約1時間30分
ツアーの料金相場 ¥10,000~¥15,000 ¥8,500~¥12,000 ¥6,600~¥12,000
出発場所 荒川登山口 白谷広場 ヤクスギランド入口

縄文杉トレッキング

縄文杉ウィルソン株樹齢7200年といわれる縄文杉を目指し歩くコースです。先ほどもご紹介した通り、往復22kmの長いコースの中での見どころは、「縄文杉」はもちろん、大王杉(だいおうすぎ)、夫婦杉(めおとすぎ)など。雄大な自然の姿に圧倒されることでしょう。縄文杉と並んで有名なのが、「ウィルソン株」。切り株の中に入れ、中から空を見上げると、場所によって綺麗なハート型が現れます!

白谷雲水峡トレッキング

白谷雲水峡「もののけ姫」の中に出てくる、ふかふかの苔で覆われる森が見たいなら白谷雲水峡コースがおすすめです。「太鼓岩」という、屋久島を一望できる大パノラマが楽しめる場所がゴールになっていることが多く、その場合は往復7km程度の道のりになります。

ヤクスギランドトレッキングツアー

ヤクスギランド小さい子供連れの方、トレッキングはゆったり楽しみたい人はヤクスギランドのコースがおすすめです。「ヤクスギランド」とは自然休養林で、広大な森の中に4つのコースがあり体力に合わせて選ぶことができます。整備された遊歩道なので小さい子供も歩く事ができ、一番短いコースは約0.8km、長いコースでも約3kmとお手軽です。運が良ければヤクシカに会える可能性もあります。

半日コース

1-3 自分で行く?ガイド付きツアー?

屋久島イメージ屋久島のトレッキング、ツアーに申し込んだ方が良いか、自分で行くか悩んでる人も多いのではないでしょうか。実際、山登りの経験がある方や体力に自信のある方はガイド無しでも登ることは可能です。そこまで迷う道ではないのと、他に観光客がいるので迷う心配はあまりありません。ただ、普段登山をしない人や初めての人はペース配分などがあまり分からないのと、余計な心配をせず登ることに集中できるのでガイド付ツアーがおすすめです。またガイド付きツアーの何よりの魅力は登りながら屋久島の歴史や自然を深く学べることではないでしょうか。

【ガイド付きツアーをおすすめする人】
□ 屋久島の歴史や自然を深く学びたい
□ 屋久島トレッキングが初めて
□ 普段、登山をあまりしないので自信が無い

【自分で行くことをおすすめする人】
□ 屋久島トレッキングは2回目以上来ている
□ 登山に慣れていて自信がある。

2.屋久島トレッキングツアーを予約しよう

2-1 ツアーを選ぶポイント

コースを選ぶ

まずはコース選び。前章のコース紹介を参考に、今回の旅で行くコースを考えてみてください。大抵のツアー会社が複数のコースでツアーを組んでいます。

グループの人数

体力に自信が無い人は特に、少人数制で参加できるツアーがおすすめです。また、料金はかかってしまいますが1組貸切することができるツアー会社もあります。

ホテルへの送迎の有無

自分の宿泊するホテルに送迎があるかどうかも確認しておきましょう。「安房~宮之浦」「平内から宮之浦」など、ツアー会社により送迎範囲が微妙に異なります。宮之浦の宿で有れば送迎はあるところが大半です。

2-2 屋久島トレッキングツアーの予約方法

ポータルサイトで予約

出発前に予約するのが良いでしょう。
ポータルサイトであれば各ツアー会社のプランを比較でき便利です。
【旅プラスワン】屋久島ツアー

各ガイド会社に予約

屋久島トレッキングのガイド会社は多数あります。いくつかおすすめの会社をご案内します。

【屋久島ガイド協会】日帰りや1泊のコースなど種類豊富!
屋久島最初のガイド組織として23年前に発足。トレッキングツアーが豊富です。
(コース例)
・縄文杉日帰りトレッキングコース 1~2名 ¥12,400/人
・白谷雲水峡・太鼓岩トレッキングコース 1~2名 ¥11,400/人

公式サイト
TEL:0997-49-4191

【屋久島ガイドクラブ】トレッキング+カヤックなどアクティビティと組み合わせたプランも
半日のトレッキングツアーや、カヤック、体験ダイビングなどのアクティビティと組み合わせたプランがあり、トレッキングだけでなく様々な体験をしたい人にもおすすめです。
(コース例)
・縄文杉トレッキングツアー ¥12,500/人
・半日白谷雲水峡(もののけの森まで)+半日ダイビング・シュノーケル・リバーカヤック ¥12,000~/人

公式サイト
TEL:0997-46-3160

3.屋久島トレッキングの服装・装備

3-1 夏の服装

速乾性のある生地を選びましょう!念のため長袖とレインウェアは持参!
日中は半そでで十分。ただ肌寒い時用に、一枚長袖は用意しておきましょう。また汗をよくかく時期なので速乾性のあるシャツを着用するのと、手拭いやタオルは忘れずに用意しましょう。また屋久島は雨がよく降ります。レインウェアは必ず用意してください。また雨から大切なデジカメやケータイを守るためのザックカバーは合った方が良いでしょう。

3-2 冬の服装

寒さ対策をしっかり!
冬は山の登りと下りで体感気温が大きく変わるので、こまめに体温調節を出来るように重ね着をしましょう。また、冷たい風から身を守るニットキャップや手袋なども必須です。手袋は濡れても冷たさを感じにくいフリース製のものを二枚ほど(替え用)用意しておくと長時間の登山でも快適に過ごせます。雪が降る可能性もあるので、しっかりとした登山用レインウェア、防寒着(フリース製やダウンなど)、トレッキングシューズをご用意下さい。冷え防止にカイロもあると便利です。また登山用スパッツがあると靴への雪の侵入を防いでくれます。

3-3 持ち物チェックリスト

トレッキング画像・レインウェア(上下別のもの)
・トレッキングシューズ
・アンダーウェア(綿はNG)
・ストレッチの効いたズボン
・靴下
・帽子
・リュックサック
・水筒
・ヘッドランプ
・グローブ
・防寒服
・タオル
・お弁当(朝・昼分)
・行動食(チョコ、ナッツなど簡単につまめるお菓子など)

3-4 レンタルについて

「これだけの装備を全て持っていくのはちょっと大変・・」という人には、レンタルショップもあります。レンタル料金は店によりますが、トレッキングシューズ1日1,000円、レインウェアは1日1,500円など。日帰り装備5点セット(ザック、レインウェア、シューズ、ヘッドライト)で2,500円で借りられるサービスを行っている所も。いくつかレンタルショップをご紹介します。

【宮之浦地区】
<ナカガワスポーツ>
鹿児島県熊毛郡屋久島町宮之浦421-6
0997-42-0341
営業時間 09:00~19:00 定休日 水曜日
公式サイト

<屋久島観光センター>
鹿児島県熊毛郡屋久島町宮之浦799  
0997-42-0091 
営業時間 08:00~18:00 年中無休
公式サイト
宿泊先まで宅配あり。

【安房地区】
<森のきらめき>
鹿児島県熊毛郡屋久島町安房187-54
0997-49-7101
営業時間 10:00~17:00
公式サイト
宿泊先まで宅配あり。

4.屋久島トレッキング1日の流れ

当日のツアーってどんな感じで気になりますよね。縄文杉トレッキングの場合の1日の流れの例をご紹介します。

屋久島に到着後、ツアーについて打ち合わせ

大抵のガイドツアーの場合、ツアーの前に打ち合わせがあります。港に来てもらえる会社もあれば、どこかに出向かなければいけない会社など場所はさまざま。

宿にお弁当を頼もう

ツアー中、食事を購入する場所はありません。朝食、昼食をお願いしておきましょう。大抵の宿がお弁当を用意してくれます。弁当付きのツアーなどでない限り、確認しておきます。

明日に備えて、早寝!

次の日はかなり早起きをしなければいけません。体力を温存するためにもトレッキング前日は早めに寝るようにしましょう。

AM4:00~AM5:00頃、お迎え

トレッキングの朝は本当に早いです・・。大体6時頃登山口に着く様に、お迎えがきます。

6:00頃、登山口到着、出発!

とうとうトレッキングの始まりです!縄文杉までウィルソン株や大王杉などさまざまな見どころが。途中昼食やトイレ休憩などが入ります。

16:00~17:00頃、再び登山口到着、ゴール!

念願の縄文杉を見たら折り返し、再び登山口まで戻ってきます。夕方頃到着!お疲れ様でした♪

このテーマについて語ろう!

エリアから体験ツアーを探す地域都道府県から検索

PAGE TOP ↑